切れ痔にワセリンは本当に効果的?痛い切れ痔の治し方

切れ痔にワセリンは本当に効果的?痛い切れ痔の治し方

 

 

切れ痔は痛いし不便ですよね。椅子に座る時やトイレの時など本当に辛いです。深刻な人だとトレイに入ったきり出てこれないという人もいます。そんな切れ痔を治すにはどうすればいいのでしょうか。ワセリンが効果的と言われていますが、それは本当なのでしょうか。そこで今回は、切れ痔にワセリンは本当に効果的なのかについてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

自力で治したいならワセリンを

 

切れ痔で病院にかかった場合、「ボラギノール」の軟膏を処方されることもあるでしょう。しかしこのような軟膏は、排便のたびに使うとあっというまになくなってしまい、そのため地味に費用がかかってしまうでしょう。

 

そんな時、白色ワセリンを愛用して治ったという方もたくさんいます。ワセリンは唇や顔の乾燥防止や保湿対策などにも役立つお肌に優しい薬品です。油分は多いですが安全性が高いので、傷口を覆うバリアの役割を果たしてくれます。排便の時の痛みを大幅に軽減する事が出来るでしょう。白色のワセリンを使えば、日々の排便が楽になるでしょう。オロナインなどで代用することも可能です。ただし人によってはバリア効果が弱いと感じる人もいます。

 

コストはかかりますが、ツライ切れ痔を何とかしたいという方や本気で治したいと思っている方は、病院に行く前にまずは白色ワセリンで様子をみてみるという方法もあるのでおすすめします。

 

患部にこまめに塗ることが大事

 

ワセリンを塗るなら排便後に患部がある場所に塗るといいでしょう。一度だけではなくこまめに塗ることが大切です。だんだんと痛みもなくなっていき、気付いたら治っていたという事も十分あり得ます。もちろん予防効果もあるので、今はまだ切れ痔になっていなくてもならないように予防する意味で使うのでもいいでしょう。切れ痔が治っても再発しないように使う人もいます。

 

治りが早いのは病院です

 

切れ痔の具合がひどくて今すぐにでも治したい!というのであれば、ワセリンを使っているだけだとなかなか治りが遅くて困ってしまう事もあるでしょう。即効性を求めるのであれば、やはり今すぐにでも病院で診察してもらった方が効果的に治療していけます。

 

終わりに…

 

いかがでしたか。切れ痔は痛いので病院へ行った方がいいかなぁと思いますが、病院で診てもらうのはなんだか気がひひける…という人も多いでしょう。そのような方はワセリンを使って自力で治すというのも一つの方法です。