生理前に切れ痔になる原因は?悪化する前にとって起きたい対処法

生理前に切れ痔になる原因は?悪化する前にとって起きたい対処法

 

 

切れ痔でお悩みの方の中には、女性で生理前になると切れ痔になりやすくなるという人も多いでしょう。どうして生理前というタイミングで切れ痔になってしまうのでしょうか。その原因についてお伝えすると共に、生理前に切れ痔が悪化しないようにとっておくべき対策についてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

生理前はどうして切れ痔になりやすいの?

 

生理前に様々な不快な症状が出てしまうのは、PMS(月経前症候群)が原因です。PMSによって下痢や便秘を起こしやすくなってしまうのです。PMSとは生理が始まる前の約2週間に発生する心と体の様々な不調のことを言っています。

 

生理が発生してからは、PMSは自然に消えて軽くなる場合がほとんどです。また生理前になると血流が悪くなる傾向になるのもPMSになりやすい原因です。血流が悪くなることによって様々な不調が発生しやすくなります。血行不良に陥りやすいのは、生理前になると子宮内膜が厚くなり腸を圧迫してしまうからです。血流が悪くなってしまうと便の通りも悪くなってしまうので、便秘も発生しやすくなってしまうでしょう。

 

また生理前は様々な刺激に敏感になるので下痢になる人も多いです。例えばコーヒーにはカフェインが多いですが、これも体にとって刺激となるので、生理前に飲むと下痢になりやすくなることがあります。また辛いものや卵や牛乳でお腹を下したという人もいます。

 

生理前の切れ痔を防ぐための方法

 

生理前になる度にお尻が切れてしまい、切れ痔になっているという女性もいるでしょう。そのたびに痛い思いをしなければいけないので、つらいですよね。切れ痔が慢性化してしまうといぼ痔になってしまうことがあります。そのため日常的に便秘対策することが大事でしょう。

 

ちなみに下痢対策については、刺激物に注意するなど食べ物に注意する事で改善していきます。便秘だと切れ痔にもイボ痔にも両方関係してくるものなので特に対策が必要です。便秘を防ぐには、普段の生活習慣を正していくことが近道です。

 

便秘を改善するための対策

 

便秘でお悩みの方は、次のような対策をとることで便秘を解消していくことが可能です。

  • 適度に水分摂取する
  • 一日3食食べる
  • 適度に運動する
  • 食物繊維をとる

これはどれも普段の生活習慣の中で改善出来る事であり、病院での治療に頼らずにもすぐ始められる事です。これまでの生活習慣を振り返り、便秘を改善していくようにしましょう。