産後ママのお悩み切れ痔@痛い・辛いを治す方法はある?

産後ママのお悩み切れ痔@痛い・辛いを治す方法はある?

 

 

出産後に切れ痔になってしまうママは少なくありません。多くの妊婦が抱えいる悩みのひとつと言えます。母乳で育てている人は特に薬の使用が不安です。産後に切れ痔にならない方法はありますし、安心して治せる方法もあります。

 

女性は痔になりやすい?

 

痔は男性に多い疾患のようなイメージを持っている人は多いですが、統計を見ると女性の方がかかりやすい傾向があります。女性のいぼ痔や切れ痔は女性ホルモンのバランスが大きくかかわっています。生理や妊娠によってホルモンバランスが変化すると、腸の働きが低下して便秘しやすくなります。

 

食事のバランスや腸内環境の活性化によって排便を促したり、規則正しい生活をすることが便秘解消には効果的ですが、トイレに長い時間こもったり力強くいきむと、肛門に大きな負荷がかかり、肛門の上皮に損傷が起こって切れ痔になります。便秘は痔の対策の第1歩と言えます。

 

産後ママの痔のベストな治療方法

 

妊婦さんの痔に関しては、最も信頼できる病院は産婦人科です。内服薬でなくても市販薬には製品によっていろいろな薬品が使われています。どの薬品が胎児に影響するのかという見極めは困難なので、主治医に相談するのが最も安全な対処方法てす。

 

妊婦や産後ママに適した薬が揃っているので、まずは相談することです。切れ痔の治療方法は基本的には産婦人科でも同じで、座薬や軟膏を利用します。当時に便秘解消に良い薬を処方してもらうことも可能です。薬の処方以外には水分摂取、食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖を積極的に食事に加えて腸内環境を健全にするなどの指導があります。

 

産後には切れ痔を発症しやすい環境がそろっている?

 

出産後に切れ痔になるママが多いのは、発症しやすい体内環境が整っているためです。妊娠中は胎児の成長とともに子宮が大きくなるので周りの内臓を圧迫します。最も影響を受けやすいのは腸で便秘をしやすくなります。排便のためにいきむと肛門に余分な力が加わるので切れ痔を発症しやすくなっているので、出産時に力むと一気に切れ痔になるリスクが高くなります。

 

また母乳で育てているママは、授乳した分だけ体内の水分が減少します。水分不足は腸内の老廃物を硬くするので、便秘しやすくなり肛門への負荷から切れ痔になる人が多くなります。そして母乳・ミルク、おむつ替えなど新生児の世話はめまぐるしく、睡眠不足になったり、ストレスや疲労が蓄積しがちです。不規則な生活は腸の働きを乱すため、便秘から切れ痔を起こしやすくなります。

 

スムーズな排便をするには便意を催したタイミングを逃さないことも大切ですが、産後ママはタイミング通りにトイレには行けないということも切れ痔になる原因のひとつです。