妊娠中は痔になり易いのは本当@切れ痔になった場合の治し方と過ごし方

妊娠中は痔になり易いのは本当@切れ痔になった場合の治し方と過ごし方

 

 

妊娠中に痔になりやすいのは本当で、多くの妊婦さんが経験をしています。妊娠中の痔の発症は珍しいことではなく、正しくケアをすれば治るので深刻になることはありません。また治療によって胎児に悪影響が呼ぶ心配もないので、きちんと治してしまうとよいでしょう。

 

妊娠中に痔になりやすい理由

 

子宮内の胎児がすくすくと育つほど、周囲にある血管や内臓は圧迫されます。血管が圧迫された場合に血流が滞るので、ふくらはぎなどに静脈瘤が出来やすくなることは知られていますが、肛門の内壁にできるといぼ痔となります。腸が圧迫された場合には、腸の正常な働きができなくなるため、老廃物の排泄が上手くできなくなって便秘になります。トイレでいきんで無理に出そうとすれば、肛門周辺の皮膚に大きなダメージがかかって切れ痔になります。他にも母体の体重が極端に増えてしまうことも内臓や肛門を圧迫するので、痔の原因です。

 

痔になったらどうすればいい?

 

妊娠中に排便後にトイレに鮮血が残っていたら痔の可能性があります。痛みや出血を最小限に抑えるには排便を急がないこと、トイレの時間はゆっくりと確保して、毎回同じ時間に排泄をすることを習慣にすることが効果的です。肛門部分を冷やさないようにすることも効果があります。温めたタオルと冷やしたタオルを交互に当てると痛みが和らぎます。

 

便秘にならない生活をすることも痔の改善には効果的です。オリゴ糖や乳酸菌を食事に加えれば、腸内細菌のバランスが整うので排便がスムーズになります。痔の市販薬には座薬、軟膏、ジェルなどがあります。通常なら使用しても特に問題はありませんが、妊娠中に限っては胎児や母体にどのような影響が及ぶか分からないので、処方薬を医師の指導の下で使用することが大切です。食事だけで便秘が改善できず何日も排便がない時には、便を柔らかくする薬も処方してもらうと、切れ痔があってもスムーズに排便できて、出血や痛みを軽減できます。

 

妊娠中の約半数は痔を経験している

 

妊娠中に痔を経験する人は約半数に上るという統計結果があります。珍しい状態ではないので、痔になったとしても恥ずかしがるとはありません。むしろ主治医に相談をした方が適切な治療や改善に効果的な生活習慣や食生活の指導も受けられます。大切なことは、痛みや失血があった時に我慢をしたり放置しないことです。早期に対処すれば治しやすいので、安心して出産まで過ごせます。