切れ痔になってしまったら何科に行くべき?診察や治療方法とは?

切れ痔になってしまったら何科に行くべき?診察や治療方法とは?

 

 

切れ痔にお困りの方はセルフで治す事もできますが、深刻な状態の場合や即効性を期待したい場合には、病院で診察を受ける事も必要です。それでは切れ痔になってしまった場合には何科に行くべきなのでしょうか?また病院ではどのような診察を行い、治療方法はどういったものなのでしょうか?切れ痔で病院にかかりたいとお考えの方が知りたい情報をお伝えしていきます。

 

切れ痔は肛門科?

 

切れ痔の治療は「肛門科」や「肛門外科」で行っています。近くに肛門科、肛門外科がない場合には外科、あるいは消化器科を受診するといいでしょう。気になる症状があれば、まずはかかりつけの医師にご相談してみることをおすすめします。

 

切れ痔は他の病気の可能性もある…?

 

切れ痔が原因で病院で受診したい時には、一般的には外科・消化器外科領域の一分野である「肛門科」を受診するといいでしょう。肛門科は外科の中でも特殊な科であり専門知識と技術を要するものですが、肛門を専門としている医師の数はそれほど多くありません。そのため薬を使った保存療法の場合には、外科の医師が痔の治療を行う事があります。ただし「痔ろう」などで手術が必要な場合は、肛門科で経験を積んだ専門知識のあるドクターに処置してもらうといいでしょう。

 

切れ痔になって出血が見られるような場合には、排便時の出血であればイボ痔や切れ痔のことが多いため肛門科を受診しますが、鮮血ではなく黒っぽい血が便についている場合には、胃や十二指腸などの潰瘍やがんの可能性があります。この場合には消化器内科や消化器外科を受診してみるといいでしょう。

 

ちなみに妊娠中や出産後に発症した切れ痔であれば、現在かかっている婦人科に相談してみることをおすすめします。妊娠・出産で体質や体調が変化しているため、適切な治療やアドバイスを受けることが出来るでしょう。

 

専門的な治療が必要と判断された場合には、肛門科の医師を紹介してもらうことも出来ます。通院している病院に外科や肛門科があれば、治療を連携して行うことが出来るでしょう。ぜひご検討してみてください。

 

受診する前にホームページをチェックしてみよう

 

初めて肛門外科を利用するという方は、どのような診察・治療法なのか不安も多いでしょう。そのような方でしたら、まずはこれから行こうとしている病院のホームページをご覧になってみてください。ホームページには詳しい診察・治療内容が掲載されています。また女性医師がいるかどうかも確かめられるので、事前にチェックしておくといいでしょう。