肛門からの出血は何?!痔で解決できないお腹とお尻の状態

肛門からの出血は何?!痔で解決できないお腹とお尻の状態

 

 

トイレで排泄物を流す時に便器が赤く汚れていたら、たいていの人はギョッとします。痔を患っている人や過去に経験した人は、またかと思ったり、大腸の病気の可能性はないのかと憂鬱な気分に陥ることもあります。痔とお腹の病気とでは出血時の状況が異なります。

 

痛みがなく鮮血が出た場合

 

内痔静脈叢が大きく集まっていぼ状になったものがいぼ痔で、痛みはありませんが排便時のいきみで出血します。特に便秘がちで常にいきんでいるような人は、トイレがしばしば赤く汚れます。出血を止めるにはトイレでいきまないようにすることです。便秘症の人は乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を食事に加えて腸内環境を整えると便が出やすくなります。座薬や軟膏で出血を止めることも可能です。

 

出血は少ないけど痛みがある場合

 

肛門の上皮が損傷する切れ痔の場合にも赤い色の血が出ます。大量に出血することはほとんどありませんが、上皮には痛みの神経が通っているので、排便痔の出血には痛みを伴います。また裂けている上皮が刺激されるので、排便後にもしばらく痛みが続きます。いぼ痔同様に排便がスムーズになるような生活習慣を心がけると出血を抑えて傷みも起こりにくくなります。軟膏を塗るだけで治りやすいのが特徴です。

 

痔以外の病気の可能性

 

痔は初期のうちなら座薬・軟膏などで回復できますが、炎症や腫れがあって慢性化している場合には医療機関の治療が必要です。例えば切れ痔は慢性化すると肛門が狭くなるので、排便が困難な状態が改善しにくくなりますし、肛門ポリープができていると手術での除去が必要になます。

 

肛門からの出血がある病気には大腸がん、直腸がん、クローン病、潰瘍性大腸炎などがあります。大腸がんは排便時の出血以外に細い便、血便、腹部膨満、下痢・便秘の繰り返し、体重減少などの症状があります。出血だけでなく便に血液が混じっている場合には、できるだけ早く医療機関の受診が必要です。直腸がんの症状は細い便、体重減少など大腸がんと似ています。直腸は肛門に近い部分にあるので特徴的な症状は残便感です。市販の痔の薬でも改善が見られず出血が続くようなら、病院での検査をすると安心です。

 

痛みがなく消化器の疾患が原因の出血もある

 

排便時に痛みのない出血があって、便が下痢状や粘性になっている場合には、直腸に炎症が起こっている可能性があります。直腸炎という病名で細菌やウイルス感染によって起こりますが、潰瘍性大腸炎やクローン病など消化器の病気が原因で炎症を起こすこともあります。