切れ痔にどのボラギノールを使うべき?症状別で選ぶ3つのタイプ

切れ痔にどのボラギノールを使うべき?症状別で選ぶ3つのタイプ

 

 

痔専用の治療薬と言えばボラギノールですが、ステロイド配合と非配合があり、座薬、軟膏、注入軟膏の3つのタイプがあります。タイプによって痔の症状に対する効果が異なるので、確実に回復させるには自分の症状や目的にあったタイプを選ぶことが大切です。生薬を配合した内服薬もあるので、体の内側から働きかけて改善することもできます。

 

基本的な3つのタイプ

 

ボラギノールの種類には、、ステロイド配合には座薬、軟膏、注入軟膏、ステロイド非配合には座薬と軟膏があります。

 

座薬は肛門に挿入して、内側に薬を浸透させることができます。内核痔とよばれる肛門の内側や奥に出来た切れ痔やいぼ痔の出血や痛みの緩和に効果的です。薬効成分が患部に直接届き、体温で素早く浸透するのが特徴です。また油脂を含んだ成分が傷の保護膜となるため、痛みのない排便をサポートします。

 

軟膏は肛門の周辺や外側にできる外核痔のいぼ痔や切れ痔の回復に効果があります。患部に直接塗り込む、ガーゼを付けてから患部に塗布するなどの方法あります。注入軟膏は小さな容器に入った使い切りタイプの軟膏です。1回分が容器に入っているので、衛生的で携帯性にも優れています。出張先や旅行先での急な出血や痛みにも対応できます。肛門の内側にできた痔には、注入して軟膏の成分を浸透させることができますし、肛門の外側にできた痔に対しても塗布することができます。

 

ステロイド配合と非配合の違い

 

ステロイド非配合のボラギノールの主な成分は、かゆみの鎮静効果のあるリドカイン、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸、切れ痔の傷の修復に効果のあるアラントイン、血行促進効果による痔の症状の改善に役立つビタミンE酢酸エステルの4つです。さらにスムーズな排便を促すために油脂性基剤が配合されています。

 

切れ痔やいぼ痔の痛みだけでなく痒みの緩和に効果があります。対してステロイド配合のボラギノールは、グリチルレチン酸の代わりにプレドニゾロン酢酸エステルが配合されているのが特徴です。プレドニゾロン酢酸エステルは腫れを抑える効果と止血効果があります。ステロイドの配合・非配合の選択に迷った場合には、出血の頻度が目安となります。

 

切れ痔でも出血が少なく、主に痛みやかゆみの改善をしたい場合にはステロイドが含まれていない座薬や軟膏、出血の頻度や量が多い場合にはステロイド配合の座薬、軟膏、注入軟膏から選ぶと良いでしょう。

 

内服薬とは

 

一般的な痔の薬は患部に直接薬効成分を浸透させますが、体の内側から改善させる内服薬もあります。血行促進の効果のあるビタミンEと生薬が配合されていて、直腸の血行障害の改善に効果があります。また切れ痔やいぼ痔の出血、痛み、かゆみなどの改善ができます。長時間のデスクワークをしている人に特に有効です。