切れ痔はどうやって治す?!馬油の効果と効能とは

切れ痔はどうやって治す?!馬油の効果と効能とは

 

 

切れ痔には馬油が効果的と言われていますが、馬油は本当に切れ痔に効果的なのでしょうか?今回は、切れ痔に有効な馬油の効果や効能についてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

そもそもどうして切れ痔になってしまうのか?

 

血液が下の方にばかり行ってしまうと、切れ痔になってしまう恐れがあります。これは重力に従って血液が下へ下へと流れていくので、肛門周辺は特にうっ血しやすいからです。このうっ血が原因で「イボ痔」になってしまうことがあります。

 

例えば長く座り仕事をしていると、肛門周辺の血液の循環が滞ってしまうので、さらにイボ痔になりやすくなってしまいます。だから長距離トラックのドライバーの人は、比較的切れ痔の人が多いです。女性はデスクワークなど座り仕事をしている人も多いですが、このような環境も切れ痔になりやすい原因となります。妊娠や出産をきっかけに切れ痔になってしまう女性もいます。

 

妊娠や出産で痔になってしまう理由って?

 

妊娠や出産を機に切れ痔になってしまうはどうしてでしょうか。それは妊娠すると骨盤内に血液が集中してしまい、肛門周辺への血液が滞ってしまうからです。赤ちゃんが大きくなるにつれ肛門に圧力がかかってしまい、便秘になっていきむ事が増えてしまうでしょう。出産でいきむことによって、肛門が傷んでしまいます。

 

馬油を切れ痔に役立てる時

 

切れ痔は硬い便を出すために踏ん張る事でできてしまうケースも多いですが、肛門周辺のうっ血のせいで括約筋など筋肉に柔軟性がなくなっているのも原因の一つです。そのためティッシュや脱脂綿などを使って肛門の入り口付近に馬油をすりこむと、柔らかくなって肛門をいたわることができます。指で外側にも内側にも馬油を塗るのもいいでしょう。しかし実際には馬油を塗るだけでは切れ痔を克服するのは難しいです。

 

例えば便秘の人や便が硬めで排便する時にいつも大変な思いをしている人は、まずは便を軟らかくすることから改善していかなければなりません。便を軟らかくしてくれると言えば、食物繊維が挙げられます。食事で食物繊維を摂取する時、水溶性の食物繊維を多く摂取するように心がけてみるといいでしょう。

 

食物繊維なら何でもいいというわけではなく、便の量を増やしたい、腸の働きを良好にしたい場合には「非水溶性繊維」、 便を軟らかくしたい場合には「水溶性食物繊維」を摂るといいでしょう。

 

食物繊維が豊富と言えば、
・山いも
・おくら
・納豆
などが挙げられます。ぜひご活用してみてください。